家庭用脱毛器の種類

家庭用脱毛器の種類には、まずフラッシュ方式があります。 エステサロンなどの脱毛でよく使われているフラッシュ方式を採用したものです。 インテンスパルスライトという光が使われているので、施術の回数を重ねることでムダ毛を細く生えにくくすることができます。 効果を実感できるまでの回数はレーザー方式の方が早いのですが、拡散する性質があるので毛根部分にだけダメージを集中させることができるメリットがあります。 また、痛みの感じ方が弱く、照射範囲の面積が広いので広い面積の脱毛が可能です。

家庭用脱毛器にはレーザー脱毛器もあり、レーザー脱毛器なら医療機関に行かなくても安全に脱毛ができます。 フラッシュ脱毛とは光の種類が違い、レーザーの光は直線肌に届くので、脱毛効果が高いです。 ただしその分、フラッシュ脱毛よりも痛みは強くなります。

家庭用脱毛器にはサーミコン方式もあり、これは熱線によって生み出される熱エネルギーを使ったものになります。 熱エネルギーをムダ毛に伝えることでムダ毛の接触部分をカットします。 サーミコン方式は脱毛器というよりは除毛器という立場になるので性能は劣りますが、カミソリ感覚で利用できるメリットがあります。 また、シンプルな仕組みになっているので安価で購入できます。 新宿の脱毛サロン 渋谷の脱毛サロン

家庭用脱毛器を選ぶポイント

家庭用脱毛器を選ぶポイントは、まずパワーです。 家庭用脱毛器はパワーの強さが最も重要で効果の早さが違うからです。 パワーが弱いと何年かかっても満足できない結果になるので注意しないといけません。 強いムダ毛の脱毛にはパワーが必要なので、家庭用脱毛器を選ぶ時はできるだけパワーのある機種を選びましょう。 家庭用脱毛器の場合、脇毛やアンダーヘアなどは脱毛の効果が現れにくく、それなりの照射パワーが必要になります。 パワーが弱いとツルツルになるまで毛を処理することは難しいので、パワーの高い機種を選ぶことです。

家庭用脱毛器を選ぶ時は、処理に掛かる時間も大事です。 脱毛処理には思いのほか時間が掛かるからです。 高性能でハイスピードな脱毛器であれば安心できます。 処理スピードが速いというのは、家庭用脱毛器にとって重要なポイントになります。

家庭用脱毛器を選ぶ時は、ランニングコストにも留意しないといけません。 機種や使用回数によっては、ランニングコストが大きく発生することになります。 カートリッジの寿命が短い機種の場合、脱毛箇所が多いとカートリッジを何回か買い足さなくてはいけなくなります。 池袋の脱毛サロン 札幌の脱毛サロン

家庭用脱毛器を選ぶときのもう1つのポイント

フラッシュ脱毛やレーザー脱毛タイプの家庭用脱毛器を使うときは、肌を冷やしてから使うものが多いです。 肌をひやすことで痛みを感じないようにするためです。

最も簡単な仕組みのものでは、保冷剤を用いて肌を冷やします。 冷凍庫で保冷剤を冷やしておき、脱毛するときにその保冷剤で肌を冷やします。 もし保冷剤を冷凍庫でひやすのを忘れると、脱毛したいときにできません。 また、保冷剤を肌に当てるとかなり冷たいです。

最近では脱毛器に冷却装置が付いているものも登場しています。 このタイプの脱毛器は、冷凍庫で保冷剤を冷やしておく必要がないので、脱毛したいと思った時にすぐに使うことができます。 冷却装置は保冷剤ほど冷たくないので、肌に当てた時の不快感もそれほどありません。

値段は冷却装置つきの脱毛器の方が高いようです。 しかし、保冷剤を使うタイプのものよりも面倒が少ないので人気もあります。 それぞれにメリットとデメリットがあるので、ご自分のニーズに合わせて選択するのがベストです。 値段の安さで選ぶなら保冷剤を使うもの、手間を軽減させたいなら冷却装置付きのものを選ぶと良いでしょう。